横浜や川崎など神奈川への出稼ぎ、風俗の求人や高収入アルバイトをお探しの女の子必見!神奈川(横浜・川崎)についてのご紹介

横浜・川崎を中心に神奈川のご紹介

風土と気候チェック

神奈川県は関東地方の南西部に位置する県です。南部は相模湾に面しており、県内は全般的に温暖で過ごしやすい気候です。
また、県内は横浜市、川崎市、相模原市の三つの政令指定都市がありますが、政令都市の数は日本最多であり、都道府県人口も東京に次いで第2位となっています(約910万人)。また、県内総生産は東京都、大阪府、愛知県に次ぐ第4位です。
県庁が所在する横浜は、港が早くから日本の玄関口として開かれ、国際色豊かな都市としても成長を遂げています。人口も約371万人となり、市としては日本最大です。また、人口集中地区としても東京23区の次に来ています。そういった点からも風俗の求人はかなりの数があり探すのが中々大変です。

神奈川県は今も人口は増加傾向を見せていますが、市町村の全てが同じわけではなく、三浦市のような人口減が顕著なところもあります。県内人口の65%が横浜市、川崎市、相模原市に集中していることも忘れてはならないでしょう。
冒頭でも触れたとおり、神奈川は温暖な気候に恵まれていますが、地形的に内陸部や山梨に隣接する山間部、そしてもちろん都市部もあることから、気候は意外に複雑です。
かいつまんで列挙しますと、ヒートアイランドの影響が大きい京浜地区(横浜、川崎)。海洋性気候で文字通り温暖な湘南(藤沢や茅ヶ崎)・三浦半島地区。内陸性気候の多摩丘陵地区(相模原や厚木など)。温暖ですが、冬日も多く東部地区より降水量も多い西湘地区(小田原、秦野)。そして、山梨県に隣接する山間地域。津久井町、藤野町域や箱根町など、夏は冷涼で多雨地帯となる相模山間部地区、といったところです。
このことからも言えるように、神奈川県は、横浜を中心とした日本2番目の都市もひかえ、湘南・三浦半島や箱根など、海・山の自然にも多く触れられることから、観光拠点も非常に多彩と言えるでしょう。そういった観光客をターゲットにした風俗も多く、様々な方法で求人に力を入れているようです。
川崎エリアの風俗求人で川崎を中心に営業しているお店の求人をチェックできるので、合わせて見て頂ければと思います。

方言チェック

神奈川には、方言と言えるような強い訛りはないため、他県の方でも困ることはまずありません。ただ、方言がまったくないわけではなく、神奈川特有の訛りも一応存在します。
例えば語尾に「~じゃん」と付けるのは神奈川の(横浜の)方言と言われています。ただ、「~じゃん」は東京でも使いますし、東京以外でも関東全般で使われている言葉です。それでも、これが神奈川訛りの言葉と言われているのは、使う頻度が高いのと使われる変化形も多いのです。「~じゃん」は「~じゃんか」に変化すると、相手に念を押したり同意を求める意味が無意識につくわけですが、さらに神奈川の人は「~じゃんけぇ」とか「~じゃんかよー」と使い分けたりするわけです。
それと、有名なところでは「べ」「だべ」です。これは、人によって使われていなかったりする言い方ですが、世代的には神奈川の表現として定着している言葉です。この言葉をテレビで連発しているのがSMAPの中居正広さんです。使い方によっては、下品・厭味に聞こえるかもしれませんが、中居さんからはそんな印象は受けません。「べ」「だべ」が上手に使われている例といえるでしょう。

ほかにも「かったるい(かったりい)」⇒「疲れた、面倒だ」や「おかっこする」(藤沢方面)⇒「正座で座る」、「くっちゃべる」⇒「喋る」、「とっぽい」⇒「おかしな」「変わった」「かっこいい」なども神奈川弁だそうですが、「かったるい」などは東京でも使われています。ほかにも「わりかし」⇒「わりと」も、神奈川方言ということですが、これも、東京でも使われていたりします。
いまの神奈川弁とは、神奈川~東京の首都圏方言となっている言葉も含まれているのではないでしょうか。そういった観点からも風俗への出稼ぎやアルバイトにはピッタリの場所だとも言えます。横浜エリアの求人をチェックして出稼ぎ対応の風俗を探すのも1つの方法です。

横浜のグルメチェック

神奈川は食べるお店もいろいろあるのですが、ここでは横浜に絞って見ていくことにしましょう(本当は横浜だけでもかなりあるのですが…)。
横浜グルメは、例えば『崎陽軒』のシュウマイのような、おそらく誰もが知る逸品のような商品もありますが、中華料理やイタリアン、インド料理などといった海外グルメを横浜流に取り込んだ味も楽しめる店が多いのも横浜グルメの特徴です。ランチやディナーにぴったりなお店も見つけやすいでしょう。
青葉区(青葉台駅)にある『中華料理 堀内』は落ち着いた雰囲気の創作中華が楽しめます。小さな店ですので予約を入れてから行くのが良いと思います。中華街では味わえない味がそこにはあります。
こちらも小さなお店です。京急能見台駅そばにあるインド料理『ガネーシュ』もおすすめです。1000円少々で食べられるランチも良いのですが、『ガネーシュ』の魅力はコース料理です。こちらも品の良い、日本人の口に合ったインド料理が楽しめます。根強いリピートユーザーも多いお店です。
窯焼き絶品ピザが食べられる『シシリヤ』はJR京浜東北線か地下鉄の関内駅そば(また、みなとみらい線の日本大通り駅からも近い)にあります。向かいに老舗のJAZZバー『BAR BAR BAR』があるので、分かる人には分かりやすいかもしれません。値段は少々高いかなと思うかもしれませんが、宅配と同じぐらいだと考えると安いものです。ひとりカウンターの中で寡黙に作業を続ける男性を見ていると、ひとりで入っても飽きません。

ここからは、普通のグルメです。天ぷらとラーメンです。
阪東橋駅で下車し伊勢崎警察署方面に進むと、天丼・天重で有名な『豊野丼』があります。ここはとにかくご飯が多めなので、今日はがっつり食べたいという方には特におすすめです。ただ、天ぷらの臭いがこもりやすいのと、女性の方はご飯少なめで注文したほうが良いかもしれません。
最後の紹介する『寿々喜家』は、家系ラーメンのお店です(横浜から相鉄線上星川駅より徒歩10分)。家系とは、磯子区・西区発祥の豚骨醤油ベースで太いストレート麺が特徴です。『寿々喜家』は、家系の中でも比較的食べやすく幅広い人気があります。よければ一度試してみてはいかがでしょうか。

幅広く楽しめる神奈川の観光チェック

神奈川県は都市部、海、山の見どころが集まっており、観光するにはもってこいの県でもあります。
箱根方面で、ぜひ見ておきたいところにあげられるのが『箱根ガラスの森美術館』、『箱根彫刻の森美術館』です。また、大涌谷も観光スポットとして大変人気があります。また大涌谷から足を伸ばして『箱根美術館』までいくと、美術館の美しい庭園が楽しめます。紅葉の時期はとくにきれいでしょう。天気が良ければ富士山を拝める芦ノ湖周辺も眺めが素晴らしいです。
小田急線、片瀬江ノ島駅でおりると「江ノ島神社」(藤沢)があります。弁財天の祀られた江ノ島神社はカップルご法度の神社でしたが、それは過去の話で、いまでは縁結びのパワースポットとして見直されています。また弁財天は音楽芸能の神ということですから、芸能関係者も多く参拝に訪れています。江ノ島は他にも見どころが多いのですが、「江ノ島神社」は外せないでしょう。
鎌倉にはじめて行かれる方は、「鎌倉大仏」や「鶴岡八幡宮」は行っておきたいところです。そして、境内の水でお金を洗うと、お金が何倍にも増えると言われる「銭洗弁財天」、紅葉の時期のライトアップが楽しみな「長谷寺」、竹寺として有名な「報国寺」も余裕があれば巡ってみたいお寺です。
横浜市街地に入ると、観光スポットも変わります。まず行っておきたいのが「横浜中華街」ですが、「中華街」最大級のお土産ショップとして知られる「横浜大世界」も非常に人気があります。また、都市型観光地として成功した「みなとみらい21」は夜景が有名です。

ほかにも「八景島シーパラダイス」や「よこはま動物園ズーラシア」、「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」、昭和のレトロな町並みを再現した「新横浜ラーメン博物館」などと、子どもづれの観光には喜ばれる施設も忘れてはいけません。

『横濱 JAZZ PROMENADE』チェック

横浜はジャズの街ではないと、訝る向きもあるようですが、小さくても営業を続けている横浜のライブハウス、ジャズ・バーは意外に多く、お店ベースで考えても、東京よりも頑張っているのではないかと思うことろがあります。
『横濱 JAZZ PROMENADE』はジャズが好きな市民が集まって毎年開催されている有料のライブイベントです。1993年に開催されたのですが、かれこれもう20年以上も続いています。はっきり言ってジャズはお金にはなりにくい音楽ですから、たとえ市民レベルと言っても、半端な気持ちでは続きません。このプログラムが20年も続いたのですから、そろそろ横浜がジャズの街と言っても良いのではないでしょうか。
『横濱 JAZZ PROMENADE』は毎年10月に行われており(2014年は10月11日、12日の土日に開催されました)、おもにプロが出演するホールライブ、クラブライブと、アマチュアが演奏する街角ライブがあります。またコンペティションと言って、実力のある新人を発掘するライブもあり、ここからスター・ミュージシャンも誕生しています。
じつは『横濱 JAZZ PROMENADE』が開催されはじめた当初は、近くに住んでおり、イベント内容などは大体掴んでいたのですが、まさかその後もずっと続くことになるとは思ってもみませんでした。このイベントライブは年一回、2日間に渡って開催されます。観光で訪れたり、近県で来る予定の方は、ホームページなどでスケジュールを確認しておくと良いでしょう。